2014年12月15日月曜日

Roland V-DrumsをiPhoneにつないでレコーディング!

こんにちは、MYTRACKsのなかじまです。

今日のテーマは、ドラムとMYTRACKsです。


バンド演奏というのはアンサンブルですから、なにかしらの演奏パートが「リズムリーダー」となり、それに合わせて他のパートが演奏するわけですね。

全員が同じリズム感だからリズムリーダーなんてなくてもバッチリ合うのさ!
なんてことは皆無でして、ドラム・ベース・ギター・シンセ・ボーカルのような一般的な構成のバンドであれば、たいていはドラムがリズムのリーダーとなるわけです。

ということは、、
時間と場所を共有しないでバンド演奏を体験するMYTRACKsでは、ドラムパートのトラックが、他のユーザにとってのリズムリーダーとなるため、「ドラムトラックがないと始まらない」となるのです。

しかし!
ドラム演奏をレコーディングするのはけっこう大変です。
まずアコースティックドラムが家にある人はごく少数でしょうから、ほとんどの場合、スタジオに行ってレコーディングするしかありません。

スタジオに行けたとして、1-2本のマイクで集音してもメリハリのあるサウンドにするのはむずかしいでしょう。
スタジオによっては「ドラムレコーディングマイクセット」というサービスもありますが、それを借りてセットアップするというのも手間がかかりすぎます。

そこでまず登場するのが「打ち込み」です。

ドラム音はコンピュータで再現がしやすいのでしょうか、今やアコースティックドラムと聴き分けられない程リアルな打ち込みサウンドをよく聴きます。

ありがたいことに我々アマチュアでも、こうしたハイクオリティな打ち込みサウンドを手に入れることができるので、打ち込みでドラムトラックを作成する、も十分アリです。

でも、ちょっとさびくないですか?
抑揚や打感の心地よいばらつき、右手と左手のニュアンスの違い、キックのダブルの1発目と2発目のアタック感の違い、、などなど、人が演奏することで生まれるアナログ感も捨てがたいですよね。こういうアナログなニュアンスを打ち込みで再現するのは、実はけっこう大変な作業です。

そこで、ようやく本日のお題である、電子ドラム、Roland V-Drumsの登場です。

電子ドラムとは、実際に叩かれるドラムパッドからの信号入力を、その強弱や叩いた場所などを音源装置が計算処理して音を出力する楽器です。

特にRoland V-Drumsシリーズは、サウンドクオリティははもちろん、打感にもこだわっていたり、日本の住環境に合わせた騒音・振動対策も積極的に取り組んでくれているのでイチオシです。これはステマでもなんでもなく、私自身がユーザなのです。

その昔、30万円以上のV-Drumsセットを購入し、自宅1階に設置して楽しんでいましたが、MYTRACKsを始めるときにお金が必要になり泣く泣くヤフオクで売却した、というつらい?過去があります。幸いなことに今はMYTRACKsのために再び手頃なシリーズを入手でき、いろいろ試しているところです。

すいません、話がそれました。戻ります。

V-Drumsは電子楽器ですので出力はもちろんデジタル音源、しかもL/Rステレオ出力なので、USBオーディオインターフェースを経由すれば問題なくiPhoneに接続できるのです。

つまり、V-Drumsを使えば、実際のドラム演奏を手軽にMYTRACKs.jpアプリでレコーディングできるというわけです。

接続


ここからは、実際のつなぎ方をご紹介します。
用意するものは以下です。

1.V-Drums
2.ヘッドフォン
3.MYTRACKs.jpアプリがインストール済みのiPhone(iPad)
4.標準MONOx2 + ステレオミニx1のケーブル(例えばaudio-technica ラインケーブル ATL462A/3.0
5.USBオーディオインターフェース(ここではRoland DUO-CAPTURE *注)
6.Apple USB-Lightning変換ケーブル
7.USBケーブル

注)現在DUO-CAPTUREは後継機DUO-CAPTURE mk2 となっています。

1.2.3.は当然として、5.6.(7.)の代わりに、直接Lightning接続できるLINE6 Sonic Port VX のようなモバイル向けインターフェースを使ってもかまいません。

V-DrumsのL/R出力に、4.のケーブルの標準MONOx2を接続し、反対側のステレオミニを5.のUSBオーディオインターフェースのLINE INに接続します。
5.のUSBオーディオインターフェースのUSBコネクタに、7.のUSBケーブルを接続し、さらに6.のLightning変換ケーブルを接続し、LightningコネクタをiPhoneに接続します。
2.のヘッドフォンは、5.のUSBオーディオインターフェースのPHONE出力に接続し、モニタリングは5.のUSBオーディオインターフェース経由で行います。

これで接続はOKです。


Roland TD-11
(コントローラのみとりはずして撮影)

側面の接続端子パネル

DUO-CAPTUREとの接続

接続した状態


次は、MYTRACKs.jpアプリに、ちゃんと入力音が流れているかを確認しましょう。

接続確認


アプリを起動します。

MYTRACKsは、曲と特定してからトラック制作する仕組みです。
とりあえず、どれでも良いので既存トラックを選びます。
曲検索して指定したい場合は、右上の検索アイコンをタップして検索画面に進んでください。



黄色いMIXERボタンをタップします。


MIXER画面が現れたら、右下のマイクアイコンのボタンをタップします。

するとレコーディングパネルが表示されます。


右側中段にあるMIC STANDBYボタンをタップすると、アプリが入力信号の取得を開始します。この時、Lightningに正しくUSBオーディオインターフェースが接続されていればそこからの入力を、何も接続されていなければ、iPhone内蔵マイクからの入力を取得します。

入力信号が正しく取得できていると、右上のカラフルなサークルアイコンが入力信号の強度によってサイズが変化します。
このアイコンが変化しない場合は何かがおかしいので、接続をやり直してみてください。
実際、MIC STANDBYボタンをタップするとノイズが聴こえたり、思ったより入力レベルが上がらない、ということも起きましたが、Lightningを差し込み直したら正しく反応するようになりました。
なお、接続しなおしを実行する時は、ヘッドフォンを耳から外しておく方が安全です。

入力信号を正しく認識していることが確認できたら、レコーディングしてみましょう。

レコーディング


とりあえず何も考えずに、左上のREC STARTボタンをタップしてください。

レコーディング開始までの5秒カウントダウンが始まります。
ユーザ登録すると、設定で10秒まで延長することもできます。

カウントダウン終了直後からレコーディングがスタートします。
レコーディングタイマーが動いているはずです。
とりあえずテストなので、適当に数十秒程度ドラミングをお願いします。


レコーディング終了は、先ほどのREC STARTボタンのラベルがREC STOPに変わっているのでこれをタップしてレコーディングをストップします。

この時点では、iPhoneの内部にレコーディングされた状態です。

視聴してみましょう。左下の再生ボタンをタップすると、いまレコーディングしたサウンドが再生さるはずです。

右にあるSOLOボタンを押すと、レコーディングの際に選択して同時再生されているトラックの再生音が小さくなり、確認しやすくなります。

アップロード


このままトラック作成まで進んでしまいましょう。
最下部のUPLOADボタンをタップします。

上から入力パネルが降りてきます。

コメントを入力し、ドラムパートのアイコンをタップして、UPLOADボタンを押します。
Private/Public切り替えは、ひとまずデフォルトのまま、Privateにしておきます。
これであれば、誰にも公開されていない状態になります。

サーバ側の処理が完了するとトラック作成完了です。


レコーディングパネルを閉じたら、MIXER画面をスワイプします。

トラックリストが表示されたら、上段中央にある切り替えスイッチをMINEにします。
すると、一番上にいま作成したドラムトラックが現れるはずです。
これをタップすると、画面がMIXER画面に戻り、トラックの読み込みが始まります。


読み込みが終わると、グリッド内左上にトラックアイコンが表示されます。このアイコンは、グリッド内の任意の場所にドラッグすることができます。

このグリッドは、
・縦方向がボリューム(0から2倍)
・横方向がパン
のコントローラーになっているので、アイコンの配置場所を変えるだけで、ボリューム設定とパニング設定ができます。
パン効果は、ヘッドフォン着用時に確認できます。

アイコンをタップするとトラック情報が表示されます。


うまく聴こえてきたら成功です。

ミキシング


MYTRACKs.jpアプリでは、グリッドに配置された複数トラック(最大6トラック)を、配置された設定のままミキシングすることができます。
トラックアイコンを配置し終わったあと、右下の音符が重なったアイコンの青いボタンを押すと、上からミックスパネルが降りてきます。必要事項を入力して実行すると、数秒から数十秒でミックストラックが作成されます。

ミックスについては、別の機会にまとめたいと思います。


MYTRACKsでは、たくさんのドラマーさんの参加をお待ちしております。
1曲フルで叩かなくても、「サビまでひとまわし叩いてみた」とか「ギターソロの入り口からソロ終わりまで」なんて叩き方もアリですよ。

MYTRACKs.jp - アプリでバンド組もうぜ! -









2014年12月10日水曜日

iPhoneと楽器をつなごう!USB内蔵マルチエフェクター編

こんにちは、MYTRACKsのなかじまです。

「iPhoneと楽器をつなぐ方法」のご紹介の最終回です。

1. iOS端末専用のオーディオインターフェースを使う
2. 汎用的なUSBオーディオインターフェースを使う
3. USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使う

前々回のエントリでは、Sonic Port VX iRig PRO といった、iOS端末専用のオーディオンターフェースを、前回のエントリでは、Roland DUO-CAPTURE のようなUSBオーディオインターフェースを使った方法ご紹介しました。

今回は、「3. USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使う」についてご紹介します。

■USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使う


ギタリストにとっては、エフェクターは必需品です。
iPhoneにエレキギターを接続できたとしても、エレキギターの「素の音」だけでは困るわけです。

いまApp Storeには、様々なシミュレータ系アプリが存在しています。
これらは、専用iPhoneアプリの中でギターからの入力信号を処理しているので、現時点ではMYTRACKsと併用することはできません。

つまり、iPhoneに送り込む前にエフェクターをかける必要があるわけです。

エフェクターなら持ってるよ、という方は多いでしょう。

とはいえ、例えば連結したコンパクトエフェクターの最終出力プラグ(通常アンプに差すやつ)をSonic Port VX に差せばOK!
というわけにもいかないのです。

そう、これではアンプを通っていないので、思ったような音にならないのです。

そこで登場するのが、アンプシミュレータです。
アンプを通さずに、あたかもアンプを通したような音色や音圧になるようにコンピュータが加工するのです。

最近のマルチエフェクターは、DTMを想定したアンプシミュレータ機能とUSBオーディオインターフェース機能を持ち合わせた機種が数多く存在しています。

Roland GT-100 ME-80 ME-25 など
LINE6 PODシリーズ(POD HD など)
ZOOM Gシリーズ(G3 Version 2.0 など)
(iPhoneが上記製品をすべて認識するかまでは試せていません)

エレキギタープレーヤーがMYTRACKsを楽しむ場合は、このタイプのマルチエフェクターを使用するのがベストかなと思います。
画像はZOOMのG1uです。これはiPhoneにつながります(要ACアダプター給電)。

-- 専用ケーブルが必要! --


iPhoneにはUSBポートはありませんので、USBをLightningに変換するケーブルが必要です。
単体USBオーディオインターフェースと同様に、
Apple Lightning - USBカメラアダプタ
または
Apple iPad Camera Connection Kit
が必要です。
これらのケーブルを使うことで、USB機材をiPhoneに接続することができます。
もちろん、すべてのUSB機器が認識されるわけではないので、接続した機器によって使えないものもありますのでご注意ください。

以上、3回にわたりiPhoneと楽器の接続方法についてご紹介しました。

次回以降は、エレキギター・ベース、電子ドラム、マイクなど、様々な楽器ごとの具体的な楽しみ方をご紹介していく予定です。お楽しみに。



2014年12月9日火曜日

iPhoneと楽器をつなごう!USBオーディオインターフェース編

こんにちは、MYTRACKsのなかじまです。

今回も「iPhoneと楽器をつなぐ方法」のご紹介です。

1. iOS端末専用のオーディオインターフェースを使う
2. 汎用的なUSBオーディオインターフェースを使う
3. USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使う

前回のエントリでは、Sonic Port VX iRig PRO といった、iOS端末専用のオーディオンターフェースをご紹介しました。

今回は、「2. 汎用的なUSBオーディオインターフェースを使う」についてご紹介します。

■汎用的なUSBオーディオインターフェースを使う


電気楽器の信号や外部マイクの入力信号をコンピュータに送り込むには、一般的に「USBオーディオインターフェース」と呼ばれる機器を使用します。
これは、MacでもWindowsでも、デスクトップでもノートブックでも一緒です。

以前からWEBブラウザ版MYTRACKsをご利用中の方やDTMをご経験の方は、すでになにかしらのUSBオーディオインターフェースをお持ちかもしれません。

今回は、こうした汎用的なUSBオーディオインターフェースを使ったiPhoneへの楽器接続方法をご紹介します。

-- 専用ケーブルが必要! --


iPhoneにはUSBポートはありませんので、USBをLightningに変換するケーブルが必要です。
それがこちらです。
Apple Lightning - USBカメラアダプタ


Lightningではなく、30pinコネクタと接続する場合は、こちらが必要になります。
Apple iPad Camera Connection Kit

これらのケーブルを使うことで、USB機材をiPhoneに接続することができます。
もちろん、すべてのUSB機器が認識されるわけではないので、接続した機器によって使えないものもありますのでご注意ください。
機器によっては、「接続されたデバイスはサポートされていません。」や「消費電力が大きすぎます」といったエラーメッセージが表示されることがあります。その時は、残念ですがあきらめましょう。

今回は、私が試した「使える」機材をひとつご紹介します。

Roland DUO-CAPTURE mk2

  メーカーサイト

Rolandの低価格USBオーディオインターフェースで、1万円以下で買うことができるシンプル設計タイプです。
メーカー公式情報は「iPad対応」「電源供給USBハブが必要」となっていますが、私が試したところiPhoneで電源供給USBハブなしでも動作しました(画像はmk2発売前の旧型です)。


iPhone(メーカ説明ではiPad)に接続する場合、本体背面にある小さなスイッチを切り替える必要があります。うまく認識しなかったりノイズが発生したりする場合もありますが、接続順が関係しているようで、iPhoneと接続しなおしたりすると正常に戻ります。

DUO-CAPTURE mk2も、Sonic Port VX 同様に、本体にヘッドフォン出力端子があるのでダイレクトモニタリングが可能です。

例えば、
・RolandのV-Drumsを持っているドラマー
・直接USB接続する機能を持たないシンセなどの電子楽器をお持ちの方
・USB機能はないけど、通常のエフェクターを持っているので有効活用したいギタープレーヤー
・シンプル操作を希望する方
Sonic Port VX のような専用機材より安く準備したい方
こんな方々には、オススメです。

Lightning - USBカメラアダプタが税別2900円と、変換ケーブルの割には高価ですが、DUO-CAPTURE本体と合わせて1万円程度で始められるのは良いかもしれないですね。

次回は、USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使った接続方法についてご紹介します。








2014年12月8日月曜日

iPhoneと楽器をつなごう!iOS専用機材編

みなさんこんにちは、MYTRACKsのなかじまです。

MYTRACKsは、
・iPhoneに楽器をつないで
・演奏したい曲を選んで
・演奏をレコーディングして「トラック」を作成し
・同じ曲の他ユーザの演奏トラックとミックスして
・いつでもどこでもだれとでもバンド体験ができる
というサービスです。

が、そもそも

どうやってiPhoneに楽器をつなぐの?

とお思いの方もたくさんいらっしゃるかと思います。

iPhoneに楽器をつなぐ方法はいつくかあります。
もちろん、iPhoneをテーブルに置いたり持ったりして、内蔵マイクに向かって演奏したり歌ったり、という方法もありますが、より高品質でのレコーディングをおこなうには何かしらの機材を経由するのがベターです。

代表的な方法を3つほど挙げてみます。

1. iOS端末専用のオーディオインターフェースを使う
2. 汎用的なUSBオーディオインターフェースを使う
3. USBオーディオインターフェース内蔵マルチエフェクターを使う

他にもあるとは思いますが、この3つをおさえておけば、まず大丈夫かなと思いますので、これから3回に分けてご紹介してきます。

今回は「1. iOS端末専用のオーディオインターフェースを使う」についてご紹介します。

■iOS端末専用のオーディオインターフェースを使う


これから初めてiPhoneに楽器をつないで、MYTRACKs.jpやいろいろな音楽アプリを使って演奏を楽しみたい、という方には一番わかりやすい方法です。
ギター・ベースに限らず、いろいろな電気系楽器やマイクを接続することができます。
iOS向けの代表的な製品はこの2つでしょう。

【日本正規代理店品・保証付】IK Multimedia iRig PRO (ユニバーサル・オーディオMIDIインターフェース) IKM-OT-000021

メーカーサイト

LINE6 マイク内蔵オーディオ・インターフェース Sonic Port VX 【国内正規流通品】

メーカーサイト

iRig PROの使い方は、以下のブログが詳しいです。
ギター、マイク、MIDIの入力ができるiRig PROを使ってみた : 藤本健の“DTMステーション”
特徴は、
・コンボジャック
・+48ファンタム電源供給
・MIDI端子
といったあたりでしょうか。

Sonic Portの使い方は、以下のブログが詳しいです。
(VX発売前の記事のため旧型の紹介です)
ついに出た!Lightning対応オーディオI/F、Sonic Portを使ってみた : 藤本健の“DTMステーション”
特徴は、
・ビルトインのstereo/monoマイク
・ステレオ出力
・USB経由でiPhone充電!
ですね。

両者それぞれ特徴があり、どの機能をメリット・デメリットと考えるかは人それぞれかもしれませんが、個人的にはLINE6のSonic Port VXをオススメします。
理由はダイレクトモニタリングと内蔵マイクですね。


Sonic Port VXは、本体にヘッドフォン出力が搭載されているため、iPhone本体を通さずにダイレクトモニタリングできるのです。iPhone本体を経由してモニタリングすると、さずがに若干のレイテンシー(ずれ、遅れ感)を感じることがあります。これは、演奏のモニタリングとしてはけっこうつらいものがあります。ダイレクトモニタリングできれば、iPhoneに入る前の音でモニタリングできるので、レイテンシーを感じることはまずありません。

さらにSonic Port VXは、本体にコンデンサマイク(mono/stereo)を内蔵しているので、アコースティック楽器やヴォーカルのレコーディングもこれ1台あれば済みます。
・エレキギターとアコースティックギター
・シンセとヴォーカル
・電子ドラムとアコースティックドラム
といったような、複数楽器・複数パートをこなすプレーヤーにぴったりかもしれません。

Lightningコネクタを機材用に使ってしまうと、通常はiPhoneの充電ができないので、USB経由でiPhone自体の充電ができるのも、実は地味にうれしい機能です。

どちらの機材を使ってもiPhoneに正しく装着されていれば、MYTRACKs.jpアプリでは、レコーディングパネルの「MIC STANDBY」をタップするだけで、その機材からの入力を認識します。入力レベルは、右上のカラフルなサークルアイコンのサイズが変化することで目視できます。

実際の接続例は、別の機会にまとめたいと思いますのでお楽しみに。

次回は、汎用的なUSBオーディオインターフェースを使った接続方法についてご紹介します。

(補足)
MYTRACKs.jpアプリは、現在Appleに申請中のVer.5.0.3でモニタリング機能を搭載しましたので、iRig PROのように本体にヘッドフォン出力がないタイプの機材でも、iPhoneのヘッドフォン出力からほぼレイテンシなくモニタリングできるようになる予定です。







2014年12月3日水曜日

不具合対応完了のお知らせ

こんにちは、MYTRACKsのなかじまです。
iPhoneアプリからのトラックミックスが正常に動作しないケースについて、修正対応をいたしました。ご迷惑をおかけしました。

2014年12月2日火曜日

不具合のお知らせ

こんにちは、MYTRACKsのなかじまです。
ただいまiPhoneアプリからのトラックミックスが正常に動作しないケースが発生しています。
復旧までしばらくご迷惑をおかけします。。

2014年11月21日金曜日

iPhoneアプリ MYTRACKs.jp 全面リニューアル!


みなさま、こんにちは。MYTRACKsのなかじまです。

MYTRACKsのWEB版をリニューアルしてからすでに半年以上が経ちました。

いままで何をやっていたのか?

はい、実はずっと、iPhoneアプリの完全リニューアル版の制作を進めておりました。
仕事の合間をみて少しずつ、といった感じでしたが、ようやく本日、無事リリースすることができましたので、みなさまにご報告します。

■何が変わったの?


そうですよね、そこですよね。

今春、WEB版をリニューアルした際に思い切ってロゴを変えました。
前バージョンのデザインは旧ロゴベースのものでしたので、まずデザイン、レイアウトを新ロゴに合わせてすべてリニューアルしました。


■で、機能は?


はい、新機能も搭載しています。
もっとも重要な新機能は、パニング機能です。

従来のMYTRACKsは、複数トラックのミックス時にパン(L/R)の指定ができませんでしたので、すべてがセンターに配置されていました(ステレオトラックをアップロードして作られたトラックはステレオが維持されていますが)。

今回のVer.5.0には、ミックス時のパニング機能を搭載しましたので、より迫力のあるステレオミックストラックを作ることができます。
しかもトラックアイコンを指定のフィールド内で上下左右にドラッグするだけの簡単操作!これだけでボリューム(上下)とパン(左右)の指定ができてしまいます。
そうそう、ステレオで聴きたいときはヘッドフォンをお使いくださいね。


なお、この機能はiPhoneアプリのみの搭載のため、WEB版MYTRACKsでは従来通りすべてセンター配置となります。iOS端末をお持ちの方は、この機会にぜひアプリをお試しください!

他にも、お気に入りリストの自動再生もできるようになったので、通勤通学などの移動中に、お気に入りトラックを聴き続けることができます。
「今度これ弾いてみよう」という曲のトラックを移動中に聴き込む、なんてこともしやすくなりました。

■他アプリ連携、ファイルインポートも


他の音楽アプリのように、エコーをいれたり再生スピードを可変させたり、、という音楽アプリらしい機能を追加することもできましたが、今回はあえてそこには踏み込まないでいます。なるべく簡単に操作できるアプリでいたいのです。

とはいえ、より良いトラックを作りたい、という方も少なからずいらっしゃると思いますので、今回のバージョンでは、他の音楽アプリとの連携や、オーディオファイルのインポートといった外部連携機能を追加しました。

具体的には、
・MYTRACKs.jpで録音したテイク(トラック化する前段階)を、例えばGarageBandにコピー&ペーストし、GarageBandでお好きな設定のエコーやリバーブをかけてから、MYTRACKs.jpに戻す
・他のレコーディング系アプリで録音したファイルや、DAWやリズム系アプリ等で製作したリズムトラックのオーディオファイルをMYTRACKs.jpにインポートし、テイク化してトラックを作成する
といった外部連携が可能となりました。

App Storeにはすでにたくさんの優れた音楽アプリがたくさんありますので、これらを有効活用してMYTRACKsの世界を広げよう、というわけです。

GarageBandとの連携手順は、アプリ内部のRECパネルにある?ボタンを押すと表示されますので、気になる方はぜひ一度見てみてください。

他にも、MYTRACKsで初めて聴いて気に入った曲はすぐにiTunesから購入できるようにしたり、お知らせ配信機能を追加したりしています。
こちらのページにひととおり書いてありますので、よかったらご覧ください。

http://www.mytracks.jp/iosapp/5_0.html


これからも、iPhoneと楽器のつなぎ方や、MYTRACKs.jpアプリのいろいろな使い方を随時アップしていきますので、こちらを参考にしながらみなさんもいろいろトライして、たくさんトラックをアップしてくれるとうれしいです。

これからもMYTRACKsをよろしくおねがいします!